スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねね大パニック!2

《サブタイトル》

【ねね はね~ビビリなの~ では済みません!】


昨日の続きです。

ゲイラーカイト(洋凧)にパニックになった ねねと平吉に引きずられて、ほうほうの体にて

我が家の門をくぐる。 しかし、すぐに家に入ることなく・・・フタリと反省会を・・・・

って、違います。

サンニン共、息が上がってしまって、倒れこんでゴール! だったんだねぇー。

よくコケないで 完走した自分に感謝・・・(違)


右足首と右手親指と腰が・・痛い・・(涙)





何故、問題行動(パニック)を起こすのかー。そしてその対処方は?

ここから、得意な「にわか勉強」です。

長くなりますヨー。

スルーして下さい。自分の為に記録しておきます。 (赤字は自身のツブヤキ )


そもそも、どうして問題行動(バニック)するのでしょうか。

それは単純に今、経験していることがイヤだからです

そして、飼い主を頼りにしていないからです! (なっ、何ですとー!)


常に、飼い主に対して意識している子というのは冷静に馴れています。

怖がる子というのは冷静さに欠け、パニックを起こしたり、その感情が高まると攻撃するようになります。

これは、恐怖に支配された状態です。

飼い主を頼りとしていない状態なのですから

「甘やかし」と「優しさ」の違いに早く気づき、

飼い主自身が、愛犬から頼りにされているのか、見直してみることが一番大事。 (ねねが悪いと思った・・・)

怖がって冷静さを失った愛犬に対し、注意をしても全く効果はありません。( しちゃった・・)

ならば、愛犬を守ってやる事です。

怖がる愛犬に対して、絶対に怒ってはなりません。 (怒っちゃった・・)

その場で、一緒に座り込み愛犬を側に引き寄せ、優しく抱きしめてあげる事。

そして、愛犬の視界は開けておいて 穏やかに声をかけ、愛犬の身体から力が緩むまで

その場に じっとしている事。(愛犬は右側に身体を寄せる状態にする。) (ほとんどの犬は右利きなんだと・・)

愛犬が、今その場の状況を冷静に納得するまで 付き合う事です。

「怖がるから、色々な所へ連れて行って経験させる。」 それは、違っています。  (えぇー?!) 

ほとんどの怖がる犬は、心の成長をしてない状況ですから まずは、冷静さを取り戻させ、心に余裕ができて

初めて経験させる事ができるのです。 (あっち、こっち、連れ歩くだけではダメという事だな)

すなわち、怖がる状況になった場合 その場から逃げ出さず、

愛犬の不安、恐怖を取り除いてあげれば良いのです。 (簡単に言ってくれちゃうのね・・)

その上で、経験させる事ができるのです。 (なるほどね・・・)


この怖がるという状況の中、愛犬に従うような飼い主であれば (わ、私じゃーん!)

きっと、その子は、完全に飼い主を頼りにしなくなります。 (それは困る)

ですから、飼い主も逃げ出したりせずに 愛犬に付き合わなくてはならないのです。

気持ちを落ち着かせ、そして経験させることによって

愛犬が、大丈夫だ。自分に危害を加えないということを納得させる事が大切なのです。


上記は、あるブリーダーさんのお言葉を引用させていただきました。



【追記】PM17;23

マル先生(我が家のドッグトレーナ)に聞いてみた。

上記のような対処は、1頭の場合であり、

多頭の場合は、無理があります。

一時、その場から離れて、別の場所に行って落ち着かせます。

一番いけない事は、

◎ 飼い主が、パニックになる事。

◎ 興奮したまま、引きずられて家に帰るという事です。


「倒れこんでゴール!」  しましたって・・・・言えなかった・・・・。


スポンサーサイト

コメント

No title

勉強になりました。
しかし、そううまくはいかないのですよね。
ハイ、私はダメな飼い主です。って開き直ってどうするんだ。

2011/11/15 (Tue) 18:04 | だちょう #- | URL | 編集
Re: No title

☆だちょう さんへ

頭でっかちで、実績が伴わない私です。
そうなんです。
なかなかうまくいかないんです。
開き直ってしまいたくもなりますよね~(涙)

2011/11/17 (Thu) 08:56 | 平吉かあさん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。