スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い追いお話するとして



早、11月も半ばを過ぎて今年も終わりに近くなりました。
まったく、今年は何という年だったかと思いを馳せれば、あな恐ろしや・・・

新年から深刻な問題が次々と襲いまくりで、こんな状態が続くことに驚愕するばかりの私。
今年の我が家は大凶の巡りあわせに違いないと固く信じた一年でした。(まだ終わってないけど)


まずは、近々の深刻な問題を記しておくことに。


その他の話は追い追いお話するとして・・・・


それは10月15日のこと。動物病院に駆け込みました。
「先生、ねねが動けなくなりました。前足も後ろ足もほとんど動きません。」

トイレに行くのがやっとこさで、途中でたおれてしまったり、オモラシしたり。
渋い顔の主治医。手の打ちようが無さそうな嫌な雰囲気・・・。


今の段階で痛み止めは出せないのだそうで・・・胃に穴があいてしまうのだそうで・・・
そんな話信じられるか! 絶対病院替えるからなー!

感情が抑えられなくて興奮する自分が情けなし・・・(帰りの車の中で)


ねねは、免疫介在性関節炎(リウマチ)ですから、最終的には覚悟していましたけれども
こんなにも早く、それも急に襲ってくるなんて考えてもいませんでした。

2JgLCuIC5Tr4CNZ1510867845_1510867872-1.jpg

病院から帰宅後は、日に日に病状が悪化するねね。
食事は食べたいのに食べれない。
立っていられないので諦めて横になってしまう。私の手から辛うじて食べる。

しまいには、体中が痛いのか触れると怒るようになり、
抱き上げようとした平吉とうさん思い切り噛まれる。

wQUudYqnnq5WgqH1510875392_1510875420-1.jpg
(現在は元気です。カートで散歩もしています。)

でも、11月に入る頃には徐々に改善が見られるようになってきました。
何故でしょう。何もしていません。

最初は不思議でしたが、現在は思い当たることもありブログに書かなければと思いました。

ねねは、しばらく寝たきりでしたのでお尻の始末が良く出来ずに不潔になりがちでした。
少し良くなったころでカットしてもらいました。
けど、その後は元気で・・・ちょっと、早まった感あり・・

ayfS3pDNX2nEefm1510875498_1510875518-1.jpg

難病を抱えた子や寝たきりの子の介護については、色々なブログからヒントや情報を得ました。
また、コメントでも貴重お知恵を頂いたりと、これもブログの役割の一つかしら?
と、つくづく考えました。

cNWloca1W148mDK1510875560_1510875577-1.jpg

難病を患ったねねを抱きながら、この経験から学んだ事、失敗した事などを記録することで
少しでも、どなたかの役に立ったり、小さなヒントになるかもと、思ったりします。

ねねの病状は投薬が原因かもしれないと、思っていますが
これらは主治医とも相談して慎重に記さなければならない事だと思います。

詳しくは又、明日です。と、思う…


いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。