はなちゃんのドロップとメール



はなちゃんのドロップ。

今朝、、初めてはなちゃんの元気玉(ドロップ)の封を切りました。。
はなちゃん家から2年前に頂いた物です。

白いハッカを口の中でころころ。はなちゃんを思いながらころころ。

VcLGuWT6fPwqbPw1495446638_1495446675-1.jpg

はなちゃんは、わたしの初めての預かりっ子(保護犬の子犬)でした。

生まれながらにして明るくて、とても愉快な子でした。


その後、素晴らしい家族に巡り合い、深い愛情に育まれながら
短かいながらも、幸を思いきり生き抜いた子です。


今日はね、はなちゃんの元気を少し私に分けて欲しいの・・・
『なんちゃって~、バッカじゃねぇのー。』
って、一人ツッコミ入れながらハッカをころころ。



昨日から、
ぬぐいようも無い鬱々とした思いを一掃したのは、
午後4時過にガラケイに届いた、メール。


〇〇です。
昨日の手術成功しました。
今、面会に来ているのですが
とても気持良さそうに眠っています。
▽▽さんが心配しているだろうと思い報告します。


友人のご主人からでした。


バッバカヤロー! 遅すぎる、遅すぎるぞー!
昨日も電話が来るかと思って寝てないんだぞー。

何だか全身から力が抜けて・・・フラッとする。


その後、2回目のメールでは

再びこんにちは。
昨日は8時間と長い手術だったのに
今日は元気で、会話していても傷口の痛みは無いみたいだよ。

〇〇から頼まれました。
「退屈しているので、何時でも良いから面会に来て~。」

・・・以下省略


「明日、会いに行きます。」
速攻、返信しました。



私は、彼女を戦友と呼びます。
仕事で戦う私の横には、何時も力強い彼女が控えていました。 感謝であります。

だっこ?

彼女に抱かれる平吉3才。
平吉・ねね 同伴の仕事場。不動産事務所にて。

そして、彼女は平吉ねねの乳母でもありました。



はなちゃんのドロップ、再び封をしました。

もったいなくて・・・



いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する