ありがとうと、言えるまで

コウ君のこと


8月19日17:26   3歳と7ヶ月と20日

コウ君は 虹の橋に旅立ってしまいました。

余りに早い旅立ちでした。


ここ数日、私は 過去サンニンのムスメ(犬)たちの別れと コウ君とのことが交錯し、

ひどく動揺していた気がします。

数々の想いが、ない交ぜになって心に重く伸し掛かり 深く沈んでいたのかもしれません。




私は、平吉とねねを我が家に迎える時に、ずっと、心に留めておこうと思ったことがあります。


これから迎え入れるフタリは、神様から お預かりする尊い命であるということ。

お預かりした命なのだから 必ず神様にお返ししなくてはならない時がくるということ。

時に 神様は惨いことをなさるということ。


過去のムスメサンニンから教わりました。




そして、もう一つ。 お別れの後で


「かあさんの子になるために生まれてきてくれて 本当にありがとう。」


いつか、心からそう言える日が 必ずやってくることです。


それが 神様からのご褒美なのかもしれません。


かあさんの想い 
 
コウくんにお花を・・・
スポンサーサイト