馬刺し信仰



平吉ねねのご飯には、馬肉(特に馬刺し)が非常に良い事は知っていたけど
なにせ、お値段がアレなので続けることが困難になっていました。


最近は、鶏胸肉の湯がきと、キャベツやレタスをカサ増しに加え、
これで勘弁してくださいと
I9BnK7khf2yNaX2<br />1495346131_1495346147-1.jpg
こんな感じで、如何でしょうか?


さぁ、召し上がれ♪  って、険しい表情の平吉なのでした。
嫌いなんですね。青物が。

以下、平吉の気持ちを表してみました。
uENxh0f77LxgBca1495346285_1495346298-1.jpg
まったく、レタスとかキャベツは入れないでくれないかなー!

あっ、レタスが落ちちゃたケド! 
もぉー、いやになっちゃうったらー!

MCAJL9YT2helaGc1495346341_1495346351-1.jpg
うだうだ、うだうだ・・・

このレタス、やだやだやだ ったら もぉー
zDvp3bOI32ek25K1495346193_1495346234-1.jpg
言っときますけど、大根もイマイチですからねーだ。


レタスなんか口からはみ出しちゃうからネーだ。
ya4LdXBZMLDJtaP1495346408_1495346422-1.jpg

レタスを食べる段階になると不機嫌極まりない平吉。


でも、不本意ながらも完食なのです。

ghHQJvLPKl4zy6R1495346453_1495346467-1.jpg

悲しいかな・・・コーギーの性なのよね。
文句言いながらも食べきるのです。残す!なんて言葉は知りませんから。


・・


そんな平吉に、ビックニュースがありました。。
ー5月からご飯のトッピングが馬刺に変更されましたー

2jS6LR2_p0UL79A1495346513_1495346563-1.jpg
この日の馬刺しご飯は特別メニューでした。
近所に住む兄弟犬のこじろう家から頂いた可愛いコギ飯もトッピング。

こんなダブル飯は、何時もあると思うなよ。
z1SZ_w84W5M2Vnd1495346603_1495346632-1.jpg
写真を撮る間もなく爆食完食。


今日の平吉。
馬刺し飯に替えて21日目です。見てやって下さい。

0BeINuwAnH9MO2S1495347928_1495347954-1.jpg

繰り返していた皮膚炎も完治の模様。このまま再発しないでね。
馬刺し信仰深まれり~。だったらいいなぁ。


ねぇ、ねぇ、平吉ー。
YCiDo1uiRxU7KWw1495348092_1495348104-2.jpg
平吉ってば~・・・


呼べば振り向く律儀な子。
rWeB1apVqqM5svw1495348154_1495348182-1.jpg
あのね、とうさんと、かあさんはね、カスミを食ってでも
平吉とねねに馬刺しを食わすと、決めたんだ・・・

安心せよ。


いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家
スポンサーサイト

トマトと桜



昨日の午前中、
カートに乗って出かけました。
l26oYeuCu4xpF_Z1491881919_1491881951-1.jpg
おとなしく乗車しているねね。
勿論、平吉付きです。平吉を歩かせるとこんなに静かにしていません。


何処に行ったのか?
はい、トマト農家の庭先で売っているトマトを買に来たのでした。
WbFxPHm5rZPv2DX1491882062_1491882084-1.jpg FGuCk34TGgqLYJI1491882119_1491882137-1.jpg
右側の写真が小さすぎて平吉達の顔が全然見えませんね。


トマト農家の庭先で
笑顔満面の平吉とねね。
r5ZXEGq4A2GHncc1491882011_1491882023-1.jpg
「ここでトマトを貰えるんだよね~。」って理解できてる笑顔だね。
昨年も、散々通い続けたものね。

平吉とねねが トマト好き♪ な事を知っているトマト農家の方なので
熟れすぎて落ちてしまって売り物にならないトマトを沢山袋に入れてくれました・・・。

何と、うちの子に売り物にならないトマトを食えとな?!

嘘、嘘、嘘、ウーソ。大歓迎~ヨ!
とっても甘くて我が家は、皆で食べてます。


そしてトマトを沢山ぶら下げて、
ガダゴトカートを押しながら帰りましたとさ。





我が家の玄関前にて、平吉とねねはここで別れます。
平吉はとうさんと改めて散歩に出かけるのです。


その前に頂いた(落ちた)トマトの試食会♪ 
ちょこちょこっと拭いて、やっぱり甘~い。


はい、平ちゃんから。
カートに同乗お疲れさまでしたね。
kq2mviTcO1SoBx21491882195_1491882209-1.jpg
順番こだからね。

はい、ねねちゃん。
今日は、よく我慢しましたね。
M5yLvj2BnXHQPWY1491882244_1491882252-1.jpg
ちょっ、ちょっ、ちょっと

美味しかったんだね・・・。
pWC_2_uGT5v<br />Gh7M1491882282_1491882295-1.jpg
平吉、影薄し。





この後の散歩で平吉は、こんな処まで行ったらしい。
ofVTTdDpHx9YGXo1491882472_1491882485-1.jpg
タンポポも咲いて

スリゴロも楽しんで・・
m7cqJifondrY87b1491882521_1491882540-1.jpg
向こうの方にに見えるのは・・・桜ではないかえ?


自分たちだけで花見をしてきたんだってね。
いつものグランドに自分たちだけで行ってきたんだってね。
BtxgYqZmkiePeQY1491882576_1491882596.jpg
そうですか・・・満開報告ありがと。


・・・・・・・・


今日は早朝からずっと雨が降り続きます。

aJIHEKbcHiyjx1j1491882650_1491882680-1.jpg

今度、皆で花吹雪浴びに行きたいね。

花吹雪ひらひら~って、風情があるのよ~。
でも、今日の雨でどうでしょう・・


皆でお花見に行きたかったかも。
私、ちょっとムッとしているのよ。

CjVV_QXKWuxRWHP1491882720_1491882732-1.jpg

ねぇ、聞いてる?
平吉。



いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家

今朝の平吉とねね



昨日のブログでは大変ご心配をおかけしてしまいました。

今朝のねねの様子です。動画でご覧ください。

qK97M4SM2PEk7KN1491723035_1491723060-1.jpg
あっ、間違ってしまいました。
最後に張り付けるつもりでしたのに・・・ふざけているのではないのです。


こちらでした。
4月6日に急に歩けなくなったねねが歩いてます。

ステロイドの増量も続いています。
明日から又、少しづつ減薬に努めたいと思います。


ねねは、年に数回このような状態 (歩けなくなる) になり、その都度
「これを最後に一生歩けなくなるのではないか。」と、肝を冷やす我々です。



今朝の平吉とねねです。

平吉は、ねねを常に思いやっているように見えます。
散歩でも、ねねに気を遣って歩きます。
ワンコに出会うと、ねねを守って威嚇の爆吠え。これには困りものですが・・・

Leb1nWB_AwAndD71491722839_1491722873-1.jpg

平吉は、本能的にねねの体力が弱っている事を理解しているのかもしれません。


だから、ねねは平吉を頼もしく感じ、感謝し寄り添い・・・
ってな事は微塵もありません。

Tx4hE_PkJYL2LRg1491722940_1491722961-1.jpg

自由奔放、縦横無尽、自分勝手に生きております。




平吉の左足指の間の皮膚炎も、又?、快方に向っておりますゆえ。



いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家

平吉の足の指の間と、ねねの前足



昨年の10月頃より平吉の左前脚の指の間に度々亀裂が入ります。(同じ場所)

病院からの抗生剤やらステロイドやら軟膏などで完治させていたけれど、
しばらくすると又、元の木阿弥状態。なので、試行錯誤の治療中です。

844uV8WUvHroJO81491120974_1491120994-1.jpg

現在は、散歩後に丁寧に足を洗いドライヤーで完全に乾かす方法を行っています。

病院の先生も、「山ほど薬を飲むよりは良いでしょう。」と、言って下さいましたので
この治療方法に自信を持って臨む平吉一家でありました。

n9KL912E6mP53uE1491121044_1491121067-1.jpg
この状態は快方に向かっている状態です。

病院から、平吉も免疫性の皮膚炎かもしれないと言われています。


そして、4月の2日。殆ど傷口が閉じてきました。
0WYZwGh25yKrGfc1491121163_1491121179-1.jpg
薬に頼ることなく完治に大喜びする平吉一家でありました。


そして最後に可愛いコギ写真で締めまして
21GNG3pTeG7bsjr1491121289_1491121314-1.jpg
今日のブログはおしまいです。


の、はずだったのに・・・

xBAmLJFNWav5lZc1491617688-1.jpg
何よー!何なのよ・・・  これが現実なんだな。
平吉、かあさんは諦めないから。




そして、4月7日とうさん初出勤の前日、
ねねが前足に重心が乗せられず、普通に歩くことができなくなりました。
それは、その日の午後突然の事でした。

取りあえずステロイドを3倍に増量する私。

病院の先生はこうい事も予見してステロイドを多めに処方します。

ねねの様子を見ながら薬の増減は私共に任せてくれています…
って、悲しい事なんだよね。


ステロイドの勉強もしました。恐ろしい事も知っています。

でも、現状ねねにはそれしかないから、ステロイドを飲むのです。
免疫抑制剤(リマチル、・シクロスポリン)の力を借りながらも
頑張るしかないのね。

湿っぽい話になり、申し訳ない。



今日は、4月8日唯我独尊 お釈迦様のお誕生日。

ねね、多少不自由ながらも歩いています。
後ろ足は、もう既に変形していますけれどまだバネがあり、
低いソファーに飛び乗っていました。

食欲旺盛が嬉しいです。




 ・・・近所のグランドへ桜の様子を見に行きました。 ・・
4月4日の事でした。



平吉スリゴロし放題。

2zPrIpHuNTbpVvT1491618440-1.jpg

いったい何時まで やるつもりだろう?

qNncfuvafU0mmVK1491618526-1.jpg

「好きなだけやってヨシ!」って、言いました。

BvCvyw6mTgaxDmp1491618602_1491618623-1.jpg

近くに寄って桜を見ると

k3XsU38Lkam1qhw1491618741_1491618770-1.jpg

しだれ桜が満開で
ソメイヨシノは二分咲き程度。

9LSryqoWDJlluku1491618666-1.jpg

見つめ合う老人と犬・・・見つめているのは平吉です。


いつもカートを嫌がるねね。
私からゲンコツもらいながら乗っている。

そんなねねが、素直におとなしく乗る時が来るのだろうか。
LyfFSD81gBxVxd61491618808_1491618880-1.jpg

それはそれで 寂しいのだろうな。



いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家

ねね、持病の定期健診に行きました。



昨日、ねねの免疫介在性関節炎(リウマチ)の 
『月1回定期健診』 に行ってきました。

病状は、大きな変化も無いのが良い傾向・・・
と、いう病なのだからマァマァです。



ねねの 両こめかみ が少し凹んできたようです。→ピンク丸印
ステロイドの副作用がでているのだそうです。
CNWI8c4L9YCBXFm1490856197_1490856218-1.jpg
それでなのね、光の当たり方によっては顔がやつれて見えると時がありました。
人相が悪くなったわ・・・て思ったりしていた。



相変わらず食欲は旺盛、鼻っ柱は強く、ワンコ友達にも上から目線で引かれています・・
ちょっと見、元気な悪ガキです。



今日はどうでしょうか。少々やつれが見えますか?
lkjfMw_MGVqWJ6n1490856298_1490856313-1.jpg
可愛いじゃないのね。



そんなねねですが、歩きたくて歩きたくて仕方がないのに
長時間はやはり無理。
少し長めに歩いた時は、座り込んだり伏せしたり。

それでも、しばらく休むと又、歩き出し・・・



そんな事、無理にしないのよぉ・・
JhVBvYE5A9e3XcN1490856355_1490856370-1.jpg
可愛いじゃないのね。



それでも、ヒトリでカートに乗らないと言い張り大抗議。吠えまくり。
(平吉と一緒に乗るなら、いくらか我慢ができます。)

「ねねは歩くんだ!」 それは何としても譲れないらしい。

その強情な後ろ姿を見ていると、かなり切ないです。



平吉もやってみる。
2vUdYBesslsl7hW1490856694_1490856715-1.jpg
あまり変わんないね・・・



ねねが元気な頃、カートに乗せると喜んではしゃいでいたのに。

本当にカートが必要になった時に乗らないなんて・・・・。



見上げるねね。
_qT7mrRmH__LaPF1490856640_1490856659-1.jpg
可愛いじゃないのね。



我が家のハゲ子ちゃん(ねね)、毛が伸びてきましたヨ。
zMRxnpO_VJHhtzE1490856537_1490856552-1.jpg
でもね、アンダーコートがまだみたいなのね。そんな事ってあるかしら・・・
抜け毛が極端に少なくて、それはそれで良いのかしら・・・
 


そして、平吉の左前足。
52bGAuqRV8CQUbX1490856753_1490856799-1.jpg
昨年10月頃から、皮膚に穴が開いたり閉じたりしながら
今日まで続いています。(写真の傷は、治りかけ)


これは明日にでも記録しなくちゃ。
あっ、明日は爺ちゃんの病院に付き添いだったわ・・・
老老介護で大変なんだわ。

ブログ書けるかな。



いつでも里親募集中 NPO法人ケンの家